www.investor-education2010.org

-

-

店舗でみなの契約カードが決済可能なのでもない▼カードの加盟店舗は多くの場合ときには5を超えるカードの運営会社とライセンスを結んでいますが残念なことに一軒一軒のお店でみなのブランドの所有クレジットカードが切れるのではありません。一例をあげれば旧態然とした契約店舗のときはJCBの印の書いたそのクレカしか使用不可なときもありますし新しい契約店舗ならばビザやマスターといったブランドのカードのみしか切れないときもあるものです。ダイナースカードに類するクレカだったら、もっともっと決済できない店舗が多いでしょう。何のロゴのカードが使えるかどのように見分けたらいいのか?「じゃあどうやってどのようなカードが使用できるかを見たらいいものか?」というと、正確に確かめるには店舗の誰かに見せてみるのみ、というのが残念ながら正しい答えです。ただたいがいのお店やレストランには入口のスペースに切れるカードの印が書かれたステッカーがあるので、「そうか、ここの店舗はJCBが決済可能なのか」ということが困らないようにされているし心配しないようにしていただけると思います。しかし、しっかりと案内が行き届いていない店舗の場合にはロゴシールが貼り付けられているお店でも「現在では○○クレカはお受けいたしかねます」という答えを受けてしまうなどということもないわけでもなく、困惑してしまうこともなくもないです。できる限りは全てのショップでクレカが切れるようにしたいのならば異なるロゴ(インターナショナルなマーク)がはいった一般的なVASA、MasterCard、ダイナーズアメリカンエキスプレスカード、というようなクレカを2枚以上財布に入れておくようにしたほうがよいと思います(例:セゾンカードを使っているなら次はアメックス付帯のクレカを申し込むとする等)。特に日本においてはVISA、MasterCard、JCBカードの3つのロゴが書いてあるクレジットカードをその都度財布に入れておけばだいたい日本各地の加盟店舗で少なくとも1枚のクレカを差し出すことができます。カードを使用して効率的に節約を目指すならば、言うまでもないが少なくともこの3枚のカードを財布に忍ばせておいてほしいとおもいます。

Copyright © 2000 www.investor-education2010.org All Rights Reserved.