www.investor-education2010.org

-

-

あいにく現在ではこの上なく珍しい事例を別にして切符の店舗でショッピングをしてもカードを用いる事が出来る販売店なんてものはないです。そのようなため、American Express、NICOSなどののギフト券を駆使した直接でないクレジットカードのケースは大抵は本当は役立てるに近いなのです。それだとどういう技術を使えば直接商品を買うのでないクレジットカードができるのでしょうか?というとそれは現代でたくさんの人に使われている電子マネーといったEdy(エディ)、Smart Plus、だったりnanacoなど。そういうものを活用して間接クレジットをする事も出来るのです。PASMO、iD、QUICPay、であったりICOCA、VISA Touch、nanacoなどはクレジットカードで買い付ける事が可能なのギフト券>PASMO、Smart Plus、またはSuica、WAON、nanacoなどに聞き慣れない人たちから見てみると、どことなくレベルが高いインプレッションを憶測する可能性があるかもしれないですがこういう電子マネーはたとえるならただのギフト券なのです。JCB、MasterCard、Diners clubなどの券と全然相違点はないのです。このような電子マネーという物はクレジットを利用して簡明に換金が可能なという事が利点だったりするのです。これらの電子マネーという物は現にカラオケを始まりとして、レストランや様々な飲食店なんかにおいても用いることができるようになってきているようだ。「当ショップの品物の購入にはクレジットはお使いになることができません」という感じで注意されてあるようなショップにおいてもPASMO、Webmoney、だったりICOCA、WAON、nanacoなどを使用するなら駆使できるケースが数々存在するのです(クレジットカードポイントがしっかり獲得できる)。言い換えればクレジットが用いられない売店だとしても段階を踏んでクレジットカードを駆使するやり方で、クレジットカードポイントをもらえる分だけ貯めてしまおうという技術です。普段通り買い出しを楽しんでいるのみではゲットできないポイントであるので何としても使用していただきたい。

Copyright © 2000 www.investor-education2010.org All Rights Reserved.