www.investor-education2010.org

-

-

クレジットカード請求の引き落とし遅れが頻発する・・・口座引き落としの不履行をするまではいかなくともクレジットカード請求金額の引き落とし日時点で預金残高が足りなく、費用口座振替が不可という問題が何度も起きてしまっている時には、カードの発行会社側が『慢性的に債務過多のようである』というように予想してくるために強制退会といったことになることがある。余力は十分に有していてもうっかり引き落としできない状態にしてしまうという行為を続けることも、発行会社から見れば信頼の置けないカード会員という判断にされてしまうため、多額の借入をしているしていないということは関係なく強制退会という扱いになる場合も事実としてあるために注意。忘れやすい人への判断というのはどうしても悪いのです。さらに言うと、少なからずこの利用料の口座振替が不可という事象が発生すると、クレカの利用期限切れまで使えても以後の継続契約がしてもらえないケースことがあります。そのくらい重要なものなのだと理解して、引き落とし日については絶対に忘れることのないようにしてほしい。クレカ現金化という契約を使用してしまう・・・クレジットカードのキャッシング可能額がすでに足りなくなってしまい、これ以上消費者金融からも調達できないためにクレジット現金化とと呼ばれるカードのショッピング枠を使った方法を使用してしまうと、それだけでクレジットが失効となることもあります。もともとカードの会社では条文の中で現金化を目的としたカードの利用を許容していないことから、クレジットをキャッシュ化する利用=ルール違反=没収になることもおかしくないのだ。金欠だからといってキャッシュ化などというものを利用すると支払い残高の全額請求などというものをされてしまう事例も存在するようなので、どんなことがあっても使わないようにしていただきたいです。

Copyright © 2000 www.investor-education2010.org All Rights Reserved.